*

奥さんカット(奥さんからの反対)をどう対処すれば良いのか

BfOrl4QCIAAOVqs

不動産投資セミナーを毎週のように主催していると、色々な参加者様と出会います。

以前、こちらの記事で少し触れましたが、多いパターンは奥さん(旦那さん)が不動産投資をはじめる事に反対している。

そのような方が非常に多いです。反比例してご本人は人一倍やる気満々です(笑

なので、今回はパートナーの「ダメョ~ダメダメ」を「ヤルョ~ヤルヤル」に変える方法を伝授したいと思います。

既婚者の方向けの記事になりますが、独身の方でも家族(親・兄弟)を不動産経営のパートナーにしたいと考えている方にも参考になる様に意識して書いてみます。

それと、いつものように長くなってしまいそうなので、今回は事前の準備編(心構え編)としてお伝えしたいと思います。

※奥さん(旦那さん)が反対していない方はスルーしてください。

 


 

 なぜ、あなたのパートナーは反対するのか?

 

 

そもそも”投資”と聞くだけで嫌悪感を抱くパートナーをお持ちの方もいるのではないでしょうか? ではなぜ、反対されるのでしょうか?

 

一言でいうと、

それは

知らないから

です。

 

知らないから、旦那さん(奥さん)が騙されるんじゃないか?失敗して莫大な借金だけが残ってしまうのではないか?

最悪、詐欺にでも遭うのでは?と考えてしまうのです。

究極の悪い方向にベクトルが向いた状態になってしまうのです。つまり怖いのですね。

誤解してはダメですよ、もちろんそれは、愛するパートナーが貴方の事を誰よりも心配しているからこそなのです。

ただの知り合いとかだと「あっ、不動産投資!?いいんじゃない。お前がうまくいったら俺も始めるよw」ってなります(笑

そして人間というのは、誰しも変化を恐れます。これは良い変化でも悪い変化でも同じです。

いままで全く関わることのなかった(知らない)世界を人は避けようとします。本当は今の生活に不平や不満があるのに、現状維持を最優先として生きる人がほとんどなのです。

話は少しそれますが、日本は終戦の焼野原だった状態から奇跡的な復興、発展を遂げて、現代は世界でもトップレベルの経済力を誇る豊かな国になりました。

理由としてあげられる一つに日本人はとても勤勉で真面目な人が多く、戦前・戦後と貧しい時代を生き抜いて来た為、

可処分所得(労働の対価として得た給与やボーナスなどの個人所得から、支払い義務のある税金や社会保険料などを差し引いた、残りの手取り収入のこと。個人が自由に使用できる所得の総額)はレジャーや娯楽に使って残りは貯蓄に回す人や、すべて貯蓄するという人がほとんどでした。

それと、高度経済成長期は企業に滅私奉公することによって、年功序列・終身雇用など、

雇用者が安心して働くことが出来て将来を約束されるようなシステムが確立されていたからなのでしょう。

つまり永い間、日本人の多くはただ企業に勤めていれば、(サラリー収入一本)でも問題なく暮らせていくことが出来て、堅実に生きてさえいれば、

無理に投資などをする必要が無かったのです。

なにより、学校教育の中で”お金について”は全く教わる事がないので、ファイナンシャルリテラシーなんてものは皆無です。

 

ところで、貴方は今までにパートナーとお金について真剣に話したことがありますか?

 

家計は誰がやりくりしているのか?旦那さんはお小遣い制なのか?奥さんが働いている場合は?財布をどうしているのかなど家庭によって様々かと思います。

例えば、いままで投資などの話を一切しなかった主人が、急に株やFX、不動産投資関連の本を読み漁り始め、

休日はゴルフばかりしていたのが、足しげく投資セミナーに参加し出したとします。

そして、ある日突然、妻(夫)に切り出します。

「不動産投資を始めようと思う!やっと良い物件が見つかったんだ。購入申し込み書も出した。ローン審査が通れば〇〇大家さんだよ♪」

なんていきなり言われたパートナーは、

「はぁ!?何言ってんの??」

 

速攻で実家に電話が行くことになり、家族全員から猛反対されるでしょう。

これは大げさだとしても、これに近い人は結構います(笑

以前、こんな事がありました。

ある物件の買い付けをもらい、今後の打ち合わせをしっかりして固いな、(本人の購入意思)と思っていたら、翌日に断りが入ってどうしたのかと聞いたら、

「いや~、実は妻にダメだって怒られてさ~私は不動産投資したくてしょうがないのだけど、妻と家族もみんな猛反対してさ~」

「・・・・・・もしかして奥さんに内諸にしていたのですか?」

「う~ん・・以前、少し話したら全然理解をしてくれなかったんで、もうね、説得するのも面倒だからひとりで行動していたんだよね」

「・・・・・」

我々、不動産業界で働く営業マンは皆、成果報酬であり手数料商売なので、買い付けをもらったり、契約をしたからといってお金になるわけではありません。

実行(決済引き渡し)(賃貸ですと、内見をしてもらい、契約して保証会社の審査も通る)これらすべて終わって初めてお客様となり、営業の数字にもなるのです。

よって、

このようなお客さんには、残念ながらもう二度と物件紹介が来なくなるでしょう。

 

hqdefault

 

物事を円滑に進めるためには順序があるのです。

不動産投資もまた然り。

”パートナーには先ず打ち明ける。そして、可能であれば一緒に勉強して夫婦で取り組む。”

”一緒には出来ないにしても、パートナーにきちんと理解をしてもらい、始める事の承諾を取る。”

これは物件を探すことよりも、不動産投資本を読むことよりも、不動産投資セミナーに参加する事よりも真っ先にしなければならない大事な始めの一歩なのです。

「だったら、パートナーに内緒のまま不動産投資を始めればいいじゃないか」と考える人もいるかも知れませんね。

事後報告ってやり方です。しかし、私はおすすめ出来ません。

なぜなら、パートナーに内緒のまま不動産を購入したとしても、その後必ず郵便物が自宅に届きます。(領収書関係・金融機関からのローン返済予定表・税金・その他もろもろ)

勤め先(会社)に送るようにしてもらう事もできますが 、いつかは絶対にバレてしまいます。それに、ずーーーーーーーと内緒にすること自体が相当なストレスになってきます。

管理会社から電話がかかってくることだってあるでしょう。

パートナーにバレてしまった時の対処法は私にはわかりません(笑

 

また、 ”不動産”というキーワードは世代によって持っているイメージは様々かと思います。

なので貴方の年齢によって話の切り口も違ってきます。

 

■団塊の世代・バブル世代(バブル景気を知る世代)の40代半ば以上の人は当時の不動産と言えば、失敗する・多額の負債を抱える・自己破産・詐欺!?など強烈な悪いイメージを持っている人も少なくないかと思います。

◇マイホーム

「不動産はマイホームだけで良い」「まずはマイホームを買ってから」「一生に一度」「高額商品」「金利が高いため最低でも自己資金を物件価格の2割から3割貯めないと買えない・買ってはいけない」

◇不動産投資

「第一次不動産バブル~投資ワンルームマンションが大流行」「私的年金替わり・節税」バブル崩壊「決して素人が手を出す投資ではない」「株と不動産に失敗して一家離散」「マンション投資で自己破産者続出」「不動産投資は借金(ローン)を組まなければ出来ないので選択肢にない」

 

■団塊ジュニア世代の30代半ばから40代前半の人達、またはもっと若い世代はどうでしょう?人によるといいますか、不動産のイメージは良い悪いにバラつきがあるようで、バブル世代ほど偏ってはいないようです。

◇マイホーム

「マイホームはいらない」「持家にこだわらない」「金利が低いし、フルローンで自宅を購入できる」「不動産はマイホームだけで良い」

◇不動産投資

「給与収入だけに頼る生活は嫌だ!収入源の複数化としてはあり」「不動産投資も悪くない」「不動産投資の家賃収入に魅力を感じるが、借り入れ(ローン)に抵抗がある」

「不動産投資は借金(ローン)を組まなければ出来ないので選択肢にない」

 

images

 

 

まとめ

■日頃から家計のこと、お金について話し合いをしているか?

■反対されるのは”知らないから”

■パートナーとお金について真剣に話す

■ひとりよがりの単独行動は失敗する原因

■事後報告をしてはいけない!

■パートナーにとって”投資”や”不動産”のイメージは?

■各年代によって切り口が変わる

 

 

総じて借金は(ローンは)悪と考える人が多い中、この壁をどのようにして乗り越えるのか?

次回は具体的にどのような行動をとるべきか実践編をお届けします!

 

 

ブログを読んで頂きありがとうございます。

 

ブログランキング参加中

ぽちっとお願いいたします!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

続編はこちら

奥さんカット(奥さんからの反対)をどう対処すれば良いのか②

 

不動産投資


86
Unique
Visitors
Powered By Google Analytics

関連記事

これからの斜陽産業(衰退産業)

世の中には本当に多種多様なサービスを提供する企業が数多く存在しますね。 資本主義社会で

記事を読む

【不動産営業マンはつらいよ】いざ、商談へ!

あ、暑い・・・ 暑い日が続きますが、皆さま如何お過ごしでしょうか? ワタスはといいますと

記事を読む

23日(土)セミナー

いつもご観覧ありがとうございます。 せみなーがかりです。 花見シーズンに入りましたね♪

記事を読む

健美家レポート

  先日、いつもお世話になっている健美家さんに初めて行ってきました。

記事を読む

お化け物件を勧められた話(最終話)

いよいよ最終話です。 前回までのあらすじ (其の壱) (其の弐)  

記事を読む

ブログのタイトルが思いつかない人へ

  いきなりですが、ほんと世の中には溢れんばかりのブログが存在しますね。

記事を読む

1011【スッチー大家の雑食系不動産投資】セミナー開催報告

久しぶりにセミナー開催報告をします。 10月11日(土)はスッチー大家さんを講師にお招

記事を読む

お化け物件を勧められた話(其の弐)

さて、「お化け物件を勧められた話(其の弐)」をお送りしたいと思います。 えっ、なにそれっ??と

記事を読む

【1119セミナー開催報告】スルガ銀行共催セミナー

先週19日(水)にスルガ銀行 都心営業部 特別推進チームの皆様と共催セミナーを開催しました。

記事を読む

セミナー受付終了。満席御礼!!

皆様、こんにちは。 せみなーがかりです。 来るこちらのセミナーが予約で満席となりましたので、お知

記事を読む

不動産投資


86
Unique
Visitors
Powered By Google Analytics

メッセージ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

不動産投資


86
Unique
Visitors
Powered By Google Analytics
自宅マンション内の駐輪場に止めてたMy自転車を破壊されました!⑤

  前回の記事でワタスの超ヘタレ具合をさらけ出

【0923開催予告】加藤隆の【不動産投資で地獄を見た人の 怖い話】

  東京は台風接近の影響で、ここ数日は雨・雨・

【0905セミナー開催報告】越谷大家さん×わひこコラボセミナー

先週末の土曜日は会社主催の不動産投資セミナーでした。 今回、

【不動産営業マンはつらいよ】いざ、商談へ!

あ、暑い・・・ 暑い日が続きますが、皆さま如何お過ごしでしょうか

【開催報告】「資産運用におけるリスクを極限まで活かす投資術」&「警備員でもできた!山田勤のアパート経営の極意」セミナー

久しぶりのブログ更新です。 ここ最近はカタカタカタカタカタカタカ

→もっと見る

  • 2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 『ブログランキング』に参加しております。まだまだ未熟者ではありますが、皆様のお役に立てるブログを目指してます。ポチッとよろしくお願いします!
    人気ブログランキングへ
PAGE TOP ↑